29593

先日、産後2ヶ月経った患者さんが久しぶりに来院されました。

 

この方は「腰痛」、「肩こり」の症状で妊娠前から通院されていて、妊娠中もずっと「しんそう療方」を受けておられていました。

 

妊娠すると骨盤が開いてきて、たいてい・・・

「腰痛」

「股関節の痛み」

など骨盤周りの症状が出てしまうのですが、

からだ全体の歪みを正すことで、そういった症状もなく比較的いい状態で妊娠生活を送られたみたいです。

 

妊娠6,7ヶ月くらいからはお腹が大きくなってくるため、うつ伏せの施術はせず、仰向けのみの施術でした。

 

しんそう療方は仰向けでも施術が可能なのです。

寝るのが難しいようですと、座ったままでも施術は出来るのです。

 

で、・・・

「初産のわりにはまあまあ楽に産めたんです♫」

「無事に元気な男の子を出産できました♪」

とご報告頂きました。

 

嬉しいですね。

 

妊娠前から施術させて頂いて、妊娠期間を経て出産、産後と大きく変化していく体に触れ、命の誕生を私も少し感じさせて頂きました。

 

赤ちゃんも元気でスクスク育っていくことでしょう。

 

 

産後は開いてしまった骨盤を戻していくことが大事ですので、しっかり骨盤周りを調整していきましょう!