夫婦で来院されている患者さんなんですが、

ご主人が糖尿病を患って足に感覚麻痺をおこしておられます。

そのせいか歩くのも不安定で杖を常に持って歩いておられます。

当院へ来られている患者さんから話を聞いて来院されました。

 

昨日で4回目の施術だったんですが、

初回と比べて、歩くのが軽く歩きやすくなって来られています。

本人さんは2回目ぐらいまではあまり変化を感じてなかったみたいなのですが、

3回目の施術後から歩きやすくなったのを実感されている様子です。

 

この方は両足がかなり浮腫(むくみ)がみられているのですが、

しんそう療方で体を元の「左右対称性」な状態へ戻してあげることで血液やリンパの流れが良くなり、むくみが改善された症例は多々あります。

本人さんも・・・

「ちゃんと歩けるようになりたい」

と仰っています。

 

少しでもしっかり歩けるように、コツコツ調整していきましょう!

The following two tabs change content below.
しんそう箕面桜井院長 吉田幸治

しんそう箕面桜井院長 吉田幸治

体の痛みや不調は姿勢や歪みから起こるとの考えから根本療法である「しんそう療方」を行なっている整体師。自らが椎間板ヘルニアで首と腰の激痛を経験するもこのしんそう療方に助けられ、見事回復。 現在しんそう療方の整体院を開業し13年。自分と同じように痛みで悩んでいる方、今の治療法で効果を感じない方へ有益な情報をお届けしていきます。