妊娠中の腰痛って結構多いんです。

 

先日も妊娠4ヶ月の妊婦さんが来られたんですが、

症状としては・・・

「腰が痛くて長時間歩けない」

「中腰が痛くて辛い」

「寝返りすると腰が痛い」

「足を高く上げないと寝れない」

とのこと。

 

妊娠すると骨盤に変化が見られます!

妊娠すると、出産に向けて徐々に骨盤が開き、骨盤を形成する関節靭帯がゆるみます。

特に下の図でいうと、青文字の「仙腸関節」と「恥骨結合」が開き緩んでいくのです。

 

それによって骨盤がゆがみやすくなり、腰痛が出やすいのです。

 

 

来院された方も、重心のズレと股関節に左右差があり、

骨盤のゆがみがでていて、しんそう療方で手と足を左右対称性にそろえていくと、

骨盤や腰椎(背骨)のゆがみが改善されていき、腰痛が楽になられました。

 

「2時間くらいは歩けるようになってきました!」

と喜んでおられました。

 

妊娠中は腰痛だけでなく、股関節(足の付根)の痛みにも悩まされがちです。

しっかり体のズレやゆがみを正しておくと、楽に妊娠生活を送ることができるのです。

 

また、しんそう療方は・・・

「無痛」

「体にやさしい」

「仰向けで調整できる」

ことから妊婦さんも安心して受けることができるのです。

 

施術はなるべく安定期を迎えてからの方が好ましいです。

 

辛い痛みで悩んでいる妊婦さんは、しんそう療方を受けてみてはいかがですか?

 

腰痛の原因・対処法・予防法についてもどうぞ!