足の付け根が痛い

足の付け根が痛い・・・、股関節に違和感、痛みを感じる・・・

といった方意外と多いんじゃないでしょうか?

 

歩き初めの一歩が痛い・・・・

重心をかけると痛い・・・・

車から降りるときに痛む・・・・

あぐらをかくと痛い・・・・

足の付け根の外側が痛い・・・

最近脚を動かせる範囲が狭くなった・・・・

妊娠中で足の付け根が痛い・・・・

 

痛み方や痛くなる場所も人それぞれです。

こういった違和感や痛みをなんとかしたいですよね!?

あなたの痛みの原因は何か?どうすれば良くなるのか?といったところが分かれば、解決につながりますよね。

今回は「ゆがみ直し12年のエキスパート」の私、吉田が今まで来院された「足の付け根が痛い」方の施術現場での経験と知識を活用し、皆さんへ少しでも役立つ情報をお届けしたいと思います。

足の付け根が痛くなる原因とは・・・・

原因はいくつかあります。関節あるいは骨に異常がある場合、筋肉の問題、体の使い方にある場合、スポーツによる使い痛め。これらの原因を順を追って説明していきます!

変形性股関節症

henkeiseikokansetu

股関節内にある骨と骨の間が狭くなり、関節軟骨がすり減り、骨棘という骨のトゲができ、股関節が変形して炎症が起こるといった疾患をいいます。

症状としては初期段階では・・・・

立ち上がったり、歩き始めなど動作時に足の付根や太ももの前側や外側に痛みが出るのが特徴です。

さらに進行すると・・・・

寝ていたり、安静時でも痛みが出てしまうあるいはボキボキ音が鳴るといった症状が出てしまいます。

変形性股関節症になると、年々関節軟骨が減っていき、運動などにより負荷がかかると変形した側の足は短くなっていきます。軟骨の摩耗を止めるのは難しいとも言われています。

臼蓋(きゅうがい)形成不全

kyugaikeiseifuzen

股関節には、臼蓋という受け皿のような部分があり、大腿骨の先端の骨頭が臼蓋に納まるように構成されています。この臼蓋の形状が小さすぎるなど不完全なために、大腿骨側の軟骨に摩耗が生じ、股関節に炎症がおき、痛みを生じるのが「臼蓋形成不全」です。

症状は変形性股関節症と同じで、初めは動作時に足の付根に軽い痛みを感じるのですが、中には腰や背中、太ももなど股関節に痛みを感じない方もいるので、注意が必要です。30~40代で臼蓋形成不全と診断される方が多いようです。思い当たる方は念のため整形外科でのレントゲン検査を受けることをお勧めします。

坐骨神経痛

腰椎分離症

坐骨神経痛はヘルニアやすべり症といった骨や椎間関節の異常が原因で坐骨神経に沿った部分、坐骨、太もも、ふくらはぎといった箇所に痛みが出る疾患です。

足の付根が痛くなる原因として、坐骨神経痛は太もも裏側の上の部分が痛くなります。特徴として足を動かした時というより、座っていて痛い・・・、立っていて痛い・・・・といった痛みを感じることが多いのです。

ただ、中には腰や太ももの痛みで坐骨神経痛と診断されたが、股関節のレントゲンを撮ってみると股関節の変形が原因していた方もいるので、一度股関節のレントゲンを撮ることをお勧めします。

妊娠しているため

matanity

妊娠初期からの症状として、足の付け根に痛みを感じることがあります。

痛み方は・・・

「チクチクするような痛み」、「引っ張られるような痛み」、「突っ張るような痛み」です。

妊婦さんの足の付根が痛くなる原因として、①子宮が大きくなる、②骨盤が開いてくることが関係しています。

妊娠初期だけと限らず、中期や後期でも脚の付け根に痛みを感じることがあり、臨月に痛みが治まるといった人もおり、痛みの出方は人それぞれです。

スポーツによるため

soccer

サッカーなどのスポーツをしている最中に足の付根や股関節に痛みを感じることがあります。

これをグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)と言います。グロインペイン症候群は恥骨に過度な負荷がかかることで鼠径部(足の付根の前側)に痛みが出ます。

痛みの特徴としては、走ったり、ボールを蹴る動作、靴下を履く時などの股関節を曲げたりする動作などで痛みが出ることが多いのです。

腰痛からくる痛み

Backache.

腰痛がある場合、股関節にも歪みや異常が出ていることがほとんどです。

腰痛の方は腰椎4~仙骨1番にズレや異常がでていることが多く、股関節を開く時に働く筋肉も仙骨神経叢(腰椎4~仙骨2番)と言われる神経に支配を受けているので、神経を通じて腰痛と足の付け根の痛みとは関係しているのです。

なので、腰痛が改善したら足の付け根の痛みも一緒に良くなったという方も多いんですね。

姿勢や偏った動作、体のゆがみから

立っている姿勢が常に片側の足に重心がかかっている・・・

left-balance

横座りをよくする。同じ側ばかり・・・・(股関節がねじれて歪んでしまう)

yokosuwari_syoumen

歩くときにいつも片側の足に重心が傾いている感じがする・・・

arukikata

など

こういった姿勢の悪さ、偏った体の使い方が原因で足の付け根が痛くなることが多いのです!

しかも・・・・

変形性股関節症や坐骨神経痛、腰痛など

の原因も姿勢の悪さや偏った体の使い方からきているので、諸悪の根源といえるでしょう。

「足の付け根の痛み」の根本療法としては、体の歪みや姿勢を改善していくというのが最も大事なことになるのです。

「足の付け根の痛み」の対処法とは・・・

足の付け根が痛くなった時の対処法をお伝えしたいと思います。

それは、「体操」と「体のゆがみを直すこと」です

ほとんどの場合、股関節の動きが悪くなっているので、まずは体操で股関節の可動を良くしていきましょう!だれでも簡単にできる体操なのでぜひやってみてください!

それから、全身の体の歪みを直すことが最も重要な対処法になるんです!

決して痛いからといって、足の付け根を揉んだりほぐしたりしないように注意してください。揉んで余計に痛みが増すことがありますんで。

股関節の可動性をUPさせる体操

①まずは、あぐらをかくような態勢をとり、両方の足の裏を合わせます。

◎この時に、高さが合わない方がいますが、なるべく左右の膝の位置を合わせるようにして下さい!

◎両方のかかとをなるべく体に近づけるようにしましょう!

kokansetu_taisou2

②次に、上半身を前にゆっくり倒していきます。

◎痛みが出ない範囲まででOKです。

◎呼吸は必ず吐きながら前へ倒していきます。(呼気で)

③前に倒した状態で深呼吸を1分くらいしましょう

kokansetu_taisou3

④ゆっくり元へ戻す

kokansetu_taisou2

 

歪みを直して、痛みを根本から取り除く!

足の付け根が痛くなる原因に「姿勢の悪さ」や「体の歪み」が大きく関係していますので、こういった今までの体の偏った使い方や悪いクセを元へ戻してあげる必要があるんですよ。

「足の付け根が痛い」といった方にみられる歪みの特徴として・・・・

①うつ伏せで左右のつま先の角度が違っている

tumasaki_tigai

②仰向けで左右のつま先の角度が違う

asinohiraki

③両膝を立てた時、膝の位置が左右で違う

hiza_tigai

「足の付け根の痛み」を予防するためには・・・

これ以上痛くなりたくない、あるいは足の付け根が痛くなるのは嫌だという方、

しっかり予防しましょう!予防法を紹介しますね。

片方の足ばかり重心をかけない!

left-balance

片足ばかり体重をかけていると、重心が偏り、左右の足の長さが違ってきたり、骨盤や背骨を歪ませてしまいます。

その結果、足の付根や股関節の痛みにつながります。

なるべく、意識して左右交互に体重をかけるよう心がけましょう。

横すわりをしない!

yokosuwari

この座り方は女性に多いです。

うちの嫁さんも洗濯物たたむ時にやってます(汗)

股関節、膝をねじってしまい、骨盤や背骨を歪ませるんです。もっともやってはいけない座り方なので、注意しましょう。

なるべく足を組まない!

ashikumi

足を組むと楽だったり、キレイに見えたりするもんです。

ところが一度足を組み出すとクセになってしまいます。交互ならまだしも、ほとんどの場合組む側の足は決まってきます。

そうすると、足を組む側の骨盤があがり、背骨も歪みます。股関節の左右の開きにも違いが出て、足の付根の痛みを引き起こしてしまうこともあるので、できればやめたほうがいいでしょう。

当院で歪みを直して「足の付け根の痛み」を改善した方の紹介!

egao_2015_9_12_400300  2015_9_12

院長 吉田幸治院長 吉田幸治

股関節が痛くて歩くのが辛いといった症状で来院されましたね?

患者さん患者さん

はい!


院長 吉田幸治院長 吉田幸治

当院へ来られるまでどのような治療をされましたか?


患者さん患者さん

接骨院で鍼やお灸、スパイラルテープなどの治療を受けましたが、痛みが和らぐのは一時的で長続きしなかったんです。


患者さん患者さん

骨盤矯正を一度受けたんですけど、痛みが強すぎて二度と受けたくないと思いました。


院長 吉田幸治院長 吉田幸治

今回当院で施術を受けてどのように改善されましたか?


患者さん患者さん

夜、首が痛くて寝れなかったのが、治療を続けていくうちに寝れるようになったんです


患者さん患者さん

股関節が痛くて歩くのが辛かったのが、歩けるようになりました!


患者さん患者さん

良い姿勢が身についてきて、正しい姿勢に対して意識が高くなったので身体が疲れにくくなったんです!


院長 吉田幸治院長 吉田幸治

同じような症状で悩んでいる方にアドバイスをお願いします!


患者さん患者さん

治療は全くの無痛なので、通院するのがつらくありません。通院回数も減ります。

痛みの伴う治療は本当に苦痛ですので続きません。
痛みの出ている箇所だけでなく、身体の根本、ゆがみが直るので早く治療を受けてみて欲しいです。


院長 吉田幸治院長 吉田幸治

今回はご協力ありがとうございました(^^)

その他の患者さまからの喜びの声はこちら

股関節の痛み、膝痛 箕面市 豊中市(来院者さまの声、口コミ)

 

あなたも当院で「体のゆがみ」を直してみませんか?

under-main