Young pregnant woman lying on bed, touching stomach, side view

 

先日、9ヶ月に入った妊婦さんが来院されました。

 

今年の5月中旬ぐらいから通院されている患者さんなんですが、
出産前に「しんそう療方」を受けておきたい、ということで施術に来られました。

 

妊婦さんは、骨盤が開いていきお腹が大きくなると共に腰椎の前弯がきつくなり腰が反ってきます。

 

そういったことにより・・・・

腰が重い・・・

腰が痛い・・・

足の付根が痛い(股関節が痛い)・・・

仰向けで寝るのがつらい・・・

足がむくんでつらい・・・

といった骨盤まわりの症状が出てくるのです。

 

この方も、腰やお尻周りの痛みが主訴でした。

 

で、8,9ヶ月ともなるとだいぶお腹が大きくなるので、当然うつ伏せはできなくなります。

でも、「しんそう療方」は仰向けでも施術ができ、しっかり左右の手足が揃ってくるのです。

 

体全体のゆがみが取れることで、前後左右のバランスが良くなり、腰痛や股関節痛の症状が楽になるのです。

 

この方もしんそう療方を受けて、体がスッキリした様子で笑顔で帰っていかれました。

 

 

是非、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!!

 

妊娠中で腰や足が痛くて困っている方、

施術を受けれないと諦めている方、

「しんそう療方」は安心・安全な療法ですので、一度受けてみてはいかがですか?

 

※念のため、安定期(妊娠4ヶ月以降)に入ってから施術をさせて頂いてます。

 

picture-map650-510

The following two tabs change content below.
しんそう箕面桜井院長 吉田幸治

しんそう箕面桜井院長 吉田幸治

体の痛みや不調は姿勢や歪みから起こるとの考えから根本療法である「しんそう療方」を行なっている整体師。自らが椎間板ヘルニアで首と腰の激痛を経験するもこのしんそう療方に助けられ、見事回復。 現在しんそう療方の整体院を開業し13年。自分と同じように痛みで悩んでいる方、今の治療法で効果を感じない方へ有益な情報をお届けしていきます。